びるだん物語

人々は、こころをこめて「びるだん」と呼ぶ。
自然の力と共に生きる。
幻のバタバタ茶をたて、のむ。
素朴であたたかな時。
自然をびるだん和紙に漉く。
凛としたやさしさにふれる。
びるだんが紡ぐ思い。
ゆったりとした、こころの旅。
富山県朝日町蛭谷

2018.3.16 もっともっと朝日町
モニターツアーを開催しました

2018.2/7-9 グルメ&ダイニングショー春2018東京に出展しました

2017.11.4びるだんアート
フェスティバル2017

2017.3.25~28びるだん和紙を愛した
作家たち特別展

バタバタ茶スイーツ大阪コラボ試作開発

バタバタ茶スイーツ大阪プレス会試食会

もっともっと朝日町Facebookページ

もっともっと朝日町事業報道

今も残る、あたたかなこころの時間バタバタ茶(ばたばた茶)

びるだんの思い伝える越中和紙 びるだん和紙(蛭谷和紙)


COPYRIGHT© びるだん物語 バタバタ茶 蛭谷和紙 ALL RIGHTS RESERVED