バタバタ茶ストーリー淹れ方・道具・体験 テスト開発大阪コラボ開発大阪試食会体験会

バタバタ茶(ばたばた茶)ストーリー

早朝からのひと仕事を終え、
自慢の山菜の煮しめや漬物を手に
人々が集まる。

茶葉を木綿袋に入れ釜で沸かす。
五郎八茶碗に茶杓でバタバタ茶をそそぐ。
塩を少し入れ、すす竹を二本あわせた茶筅で、
バタバタとたてる。

講が開かれると御領解などからはじまり、献茶、飲茶となる。
いまはむかしの習わし。
蓮如上人さまの越中布教のおりに飲まれたと語り継がれる。

バタバタ茶の日、びるだんの人々は笑い、語り合い、励ましあった。

びるだんに今も残る、あたたかなこころの時間。

朝日町 蛭谷 バタバタ茶

びるだん物語>バタバタ茶ストーリー


COPYRIGHT© びるだん物語 ALL RIGHTS RESERVED