バタバタ茶ストーリー淹れ方・道具・体験テスト開発大阪コラボ開発大阪試食会体験会
小川温泉コラボメニュー朝日町モニターツアー

バタバタ茶の淹れ方、道具、体験

バタバタ茶 ばたばた茶

幻のお茶「バタバタ茶」。決まった日に集まり茶を飲む。

バタバタ茶 ばたばた茶 の道具

茶せんはすす竹。穂先は皮部だけで
作られる。茶碗は五郎八(ごろはち)茶碗と呼ばれる。

バタバタ茶 ばたばた茶 と一緒に地元でとれた山菜を

バタバタ茶のたのしみは、会話と持ち寄られた山菜の煮しめや漬物。

バタバタ茶は黒茶と同じく後発酵。栽培、発酵、販売が行われている。

茶葉を木綿の布袋に適量いれ、お鍋で煮出すと香りが漂う。

大きな鍋から茶杓を使ってお茶を
五郎八茶(ごろはち)茶碗に注ぐ。
※昔は塩をほんの少し入れた。

バタバタ茶 ばたばた茶 をたてる

二本合わせの茶せんでアワが立つまで左右に数十回振る。

バタバタとあわただしく茶せんを振りたてるのが名の由来という。

バタバタ茶 ばたばた茶 と楽しい会話

いそがしい毎日の中、バタバタ茶の日はいつまでも楽しい会話が続く。

バタバタ茶伝承館のご案内

住所/TEL 富山県下新川郡朝日町蛭谷484  GoogleMapはこちら
http://www.shokoren-toyama.or.jp/~batabata/
ばたばた茶が飲めるバタバタ茶伝承館

バタバタ茶伝承館では、バタバタ茶の歴史や製造工程を知り、試飲体験することができます。
営業 ※事前にお電話・ご予約をお願いします
0765-83-2688(株式会社あさひ)
月・水・金・土曜日の10:00~15:00
無料/駐車場有10台

旧川上家のご案内

住所/TEL 富山県下新川郡朝日町横水302-1  GoogleMapはこちら
歴史公園(朝日町ホームページ)
バタバタ茶が飲める旧川上家

江戸時代頃の町家を復元された旧川上家。歴史公園にあり、バタバタ茶を飲みながら休憩ができます。
営業 ※事前にお電話・ご予約をお願いします
0765-83-1950(朝日町歴史公園 )
8:30~17:00 休館日:水曜日
無料/駐車場有22台

びるだん物語バタバタ茶ストーリー>バタバタ茶の淹れ方、道具、体験


COPYRIGHT© びるだん物語 バタバタ茶 蛭谷和紙 ALL RIGHTS RESERVED