びるだん和紙ストーリー蛭谷和紙伝承準備委員会|蛭谷和紙伝承協議会発足|特別展

蛭谷和紙(びるだんわし)文化復活にむけて

びるだん和紙文化の復活へむけ蛭谷和紙伝承協議会(長崎喜一会長)が発足。
同事業アドバイザー澤﨑聡氏(内閣官房 地域活性化伝道師)により、
道具調達などの運営報告をおこないました。
笹原靖直町長、蛭谷地区、関係者が参加し、蛭谷和紙伝承協議会の発足会を行い、新しく完成した紙漉き場で、蛭谷地区のみなさんも体験いたしました。
びるだん和紙文化の復活へむけ活動を続けていきます。
2017年3月14日 蛭谷自治会館
地方創生加速化交付金採択「いってみたい、住みたい朝日町」ブランドづくり事業

各新聞に蛭谷和紙伝承協議会発足のことを取り上げていただきました。
北日本新聞中日新聞富山新聞
※2017年3月17日掲載

蛭谷和紙伝承協議会発足

蛭谷和紙伝承協議会が発足

蛭谷和紙伝承協議会発足

蛭谷和紙の復活にむけて

蛭谷和紙伝承協議会発足

新しい漉き舟(すきふね)

蛭谷和紙伝承協議会発足

簀桁(すけた)を新調

蛭谷和紙伝承協議会発足

紙漉きテスト

蛭谷和紙伝承協議会発足

ハガキの紙漉き

バタバタ茶のふるまい

蛭谷和紙伝承協議会発足

バタバタ茶の準備

蛭谷和紙伝承協議会発足

バタバタ茶に欠かせない煮しめ

蛭谷和紙伝承協議会発足

バタバタ茶のふるまい

協議会が発足するまでの蛭谷和紙伝承準備委員会についてはこちら

びるだん物語蛭谷(びるだん)和紙>蛭谷和紙伝承協議会発足